<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

一人の居場所#15~#21

一人の居場所 #15

クリスマスが近づく。
〝いつもパーティでは演奏しなくちゃならないから憂鬱だよ〟というバンドマン。
〝いつもパーティで料理をしなくちゃならないから憂鬱だよ〟というシェフ。
〝たくさんのプレゼントラッピングをしなくちゃならないから憂鬱よ〟とショップの定員。
〝子供達のプレゼントを見つからないように隠しておくのが大変よ〟とママ。
〝サンタクロースは本当は僕なんだよって言いたくて仕方がないんだけど〟とパパ。
〝彼から予定を訊かれないんだけど・・・〟と彼女。
〝彼女の予定が空いているのかわからないんだけど・・・〟と彼。
〝あの衣装を着て讃美歌を歌わなくちゃならないの?〟と彼女。
〝あの衣装を着てピザを配達しなきゃだめなのか?〟と彼。
でも。なんだかみんな楽しそう。
みんなに、それぞれのクリスマス。
Merry Christmas to You ×××

20121129







一人の居場所 #16

今日きみの目の前にいる誰かと
ネットワークの向こう側にいる見知らぬ誰か。
きみの心を癒すのは
きみの心を乱すのは
きみの心を縛るのは どちらだ。

手の届く距離にいると、恐くて触れられないのだけれど
どこか知らない場所にいると思うと、仲良しになれる君。
〝友達〟という名の見知らぬ知人に囲まれて、一人ぼっちじゃないと思える君。

ネットワークが用意したものは、
リアルなコミュニケーションに不器用になっていく君たち。
本当は、リアルなコミュニケーションに飢えている君たち。

さぁ、目の前にいる愛しい人に触れてごらん。
そう、世界は、ほんとうはそういう風に出来ているんだ。


20121225






一人の居場所 #17

この世界は素敵なことに満ち溢れている。
この世界は汚れたことに満ち溢れている。
きみの目に映るのはどんな世界だ。
素敵なことだけならいいね、
なんて言うつもりはないけれども、
汚れたことだけでも、ちょっとつらいね。

僕はきみに、きちんと本当の世界を見てほしい。
昨日までの素敵が、今日は汚れていたりする。
僕らの暮らす世界は、残念だけれど、そんな風なんだ。
素敵なことと、汚れたことが並び立つ世界。

その中で、きみには“まとも”に生きていく術を身につけてほしい。
そうすると、この世界の素敵の量が少し増えるような気がする。
まずは、それくらいから始めてみようか。
汚すことは簡単だけれど、
素敵を生み出すのは容易いことではないからね。

20130214





一人の居場所 #18

冬のことなんかもう忘れてしまった。
ある日突然、強い風と共に春がやってきて、冬をどこかへ追いやってしまった。
行き場のない冬は、途方に暮れる。
まだ春を迎える準備のないきみは、少し慌てて、戸惑い、
くしゃみをしたり、黄色い涙を流したりしながら、
春の訪れを、なんとなく受け入れる。

春の風は少しだけ先回りをして、きみをその先にある世界へと導く。
もう、先へ進まなくてはいけない、と導く。
いつまでもそこに居てはいけない、と導く。
風は強く吹き、きみの背中を押してくれるかもしれない。
風は強く吹き、きみは向かい風に抗って歩かなくてはならないかもしれない。
風は強く吹き、きみの往く手の視界を開いてくれるかもしれない。
風は強く吹き、きみの往く手を砂埃で隠してしまうかもしれない。

風向きを変えるのはきみ次第。
風はただ気まぐれに吹いている訳ではなさそうだ。

20130320






一人の居場所 #19

昨日のきみと、今日のきみが一緒だと思っていてはいけない。
毎日少しずつだけれど、着実に変化を積み重ね、
きみという一人の大人が出来上がっていく。
少しずつだから、毎日のその変化に気付くことはあまりないかもしれない。

ある日、積み重なった変化にきみは気付く。
いつも一緒にいる友人に、何かが変わった、と言われ、
しばらく会っていなかった家族との距離に戸惑い、
何年かぶりの同窓会に、居心地の悪さを感じるかもしれない。
昨日まで恋をしていたはずの大切な人が去っていくこともあるだろう。
それは、きみの変化の証。

変化を成長だなんて、励ますようなことは、言わない。
ただ変わっていくという事実があるだけだ。
変化の先には、新しい世界がある。
でも、その世界が今よりもすばらしいかどうかまでは、知らない。

新しい世界はいつでもきみを受け入れる用意がある。
大切なのは、変化を受け入れ、新しい世界に居場所と役割を見つけること。
でもね、やっと居場所と役割が見つかったと思ったら、
きみはもう次の新しい世界の扉を開けなくてはいけなくなっているかもしれない。
そうやって、あっという間に、ずいぶん大人になってしまうんだ。

20130426




一人の居場所 #20

朝、コーヒーを淹れる。
きみの分と、僕の分と、おかわりの分。
おかわりは、きみがするかもしれないし、
僕が飲んでしまうかもしれないし、
二人できっちり分け合うかもしれない。
曖昧な、おかわり。
「おかわり要る?飲んじゃって良い?」
「ちょっと頂戴」

パンが三つ。
二人に三つが正解。
とりあえず、ひとつずつ食べる。
そして、残ったひとつのパンを前に、
今朝は、きみがこう言う。
「食べちゃっていい?」
「えっ。」
想定外の言葉に僕は戸惑う。
「いいよ。」

いつもの朝のコミュニケーション。
曖昧さが、きみと僕の距離を近づける。
さて、明日はどっちだ。

20130702






一人の居場所 #21

ぼくは、きみが望んでいることを知りたい。
きみに気付かれないように、そっと。
その為に、星の運行や、月の満ち欠けを調べたり、
きみの足跡の歩幅を計ったり、
風が運んでくる独り言に耳をすます。
時には、きみの親しい友人に尋ねたりもする。
“彼女は、いまなにが欲しいのか知ってる?”って。

そうやっても分からないことばかりなのだけれども、
毎日繰り返していると、だんだんと分かってくることもある。
たとえば、南十字星がよく見える夜にはサラダを食べたがる。
北斗七星がよく見える夜には、グラタンを食べたがる。
満月の夜には、お酒をたくさん飲むし、
歩幅が小さい日は、まったく食欲がない。
“赤いパンプスかわいいなぁ”と風がささやくこともあれば、
“南の方に旅に出たいみたいよ”と友達が耳打ちしてくれることも。

ぼくは、きみの望みがひとつずつ確実に叶えられるように、
少しだけ交通整理をする。出来ることはそれくらい。
叶えられなかった望みは、まとめて袋に詰めておいて
時季がきたらそっと出してあげるんだ。
そうすると、以前は叶わなくて諦めていたことも叶ったりするから不思議だね。

今日は、ひとつだけ袋から出してみようと思う。
とっておきのきみの願いが叶う日のような気がする。

20131017






[PR]
by ikanika | 2014-01-06 18:46 | Comments(0)

引き続きECM。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

年が明けても引き続きECM三昧です。
d0027035_18191514.jpg
d0027035_18191118.jpg
d0027035_18190781.jpg

[PR]
by ikanika | 2014-01-05 18:19 | Comments(0)


cafeイカニカ コラム


by cafeikanika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

記事ランキング

画像一覧